greenarium_recruit_08.jpg

​ただ必死に、まっすぐに、誰かに喜んでほしい。

そんな日々の積み重ねが、

振り返ると今までと違う自分になれるような。

こんな毎日がプライスレス

​おいしさとは?楽しさとは?驚きとは?

その一口を食べていただけるお客さんを想像して、畑からキッチン、サービスに至るまで、想像力の限界に挑戦する。どこがゴールかなんて自分たちで決める。ただ拡大したいなんて全く思わない。お客さんに、周りのスタッフにいい影響を与えること。それだけのことをどこまで深く、深く、謙虚にまっすぐに追い求められるか。そんなきれいごとをまっすぐに。

喜んでもらえる総量を、正しく給与と休息に。自分たちの価値を自分たちで決めながら、今日よりも成長した明日を求め続ける毎日を一緒に送れるメンバーを募集しています!あなたがいるから、今日もみんな笑っていられる。

​淡路の島菜園

​2022年2月~6月 1~5か月住み込みアルバイト

​イチゴの季節は冬。イチゴピクニック、栽培、cafeのスタッフ、全部署募集します。寮完備。詳細はお問合せ下さい。

 

イチゴの​

​長期アルバイト

 

週末忙しいエンタメ部中心で、アルバイトスタッフも募集します。週末入れる方、週1日、4時間から勤務可能です。お気軽にお問合せ下さい。

とにかく弊社の雰囲気が伝わるインスタ

【 ​必要事項 】

​応募方法​

名前

​性別

​年齢

​住所

​電話番号

​希望の職種

​【 応募先メールアドレス 】

募集内容

greenarium_recruit_01.jpg

GROWER

​農家はあたま つかってなんぼ

​上限はない

9A3A7241.JPG

GROWER

​栽培チームスタッフ

​植物の原理原則、根本的な理解から、植物の持つ可能性を引き出す仕事です。結果として、おいしいイチゴ、おいしいトマトをお客様に届ける。

①植物のなかで起こっている変化に対して仮説を立てる

②ハウス内の環境を設定する

③週間で生育調査を行い、結果を検証

④次の仮説を立てる

ロジカルな思考でまだまだ分かっていない栽培の謎を解明します。

​あるべき状況を具現化するために、チームで現場は動いています。モチベーティブなチームビルディング、マネジメントも求められます。

​まずはインスタをチェック!!

https://www.instagram.com/awajinosimasaien/

IMG_0201.JPG
IMG_0508.JPG

CHEF pâtissier

あなたらしい料理

​料理を楽しむ

​上限はない

CHEF
pâtissier

​シェフ パティシエ

​自社のイチゴ、トマトだけでなく、淡路島の畑から、海から集まる特別な素材の価値をより高め、お客様に届ける役割です。

上司を見て仕事するわけじゃない。

お客様の反応がすべての仕事の評価。

​ 

​近隣の有名寿司店、和菓子店等の料理人と定期的に食材の調理会を開くなど、通常の飲食とは異なる経験が多いです。食材に対して謙虚に、自分の料理人としての知見を広げることを常に求められます。

まずはインスタをチェック!!

https://www.instagram.com/awajinosimasaien/

​ENTERTAINER

​ENTERTAINER

​ENTERTAINER

​ENTERTAINER

​ENTERTAINER

​ENTERTAINER

スクリーンショット 2021-06-08 09.46.06.png
スクリーンショット 2021-06-08 09.46.06.png

​ENTERTAINER

スクリーンショット 2021-06-08 09.41.44.png

​ENTERTAINER

島菜園の人と動物_210701_289.jpg

​ENTERTAINER

IMG_0122.JPG

​ENTERTAINER

スクリーンショット 2021-06-08 09.46.06.png
島菜園の人と動物_210701_291.jpg

​ENTERTAINER

島菜園の人と動物_210702_229.jpg

​ENTERTAINER

島菜園の人と動物_210701_343.jpg

​ENTERTAINER

島菜園の人と動物_210701_308.jpg

​ENTERTAINER

スクリーンショット 2021-06-08 09.46.06.png
島菜園の人と動物_210701_267.jpg

​ENTERTAINER

島菜園の人と動物_210701_215.jpg

​ENTERTAINER

島菜園の人と動物_210702_5.jpg

​ENTERTAINER

島菜園の人と動物_210701_403.jpg

​ENTERTAINER

 
 

​入社までのワタシ

ある時は配送ドライバーとしてハンドルを握り、

ある時はパソコンに向かってプログラミング言語を操る日々を、過ごしていました。
どちらもお客様に喜んでもらえたときの充実感は忘れられません。

アプローチはいろいろあるけれど、結局のところ喜んでもらえるモノを

精一杯尽くしてお届けすることが好きなんでしょうね。

限りある人生、さぁ次に賭けるのは何か?と自問する中で、

「淡路の島菜園」に興味を持ちました。

​「淡路の島菜園」に来るきっかけ

当時、いくつかの農家さんで見学や体験をさせてもらいましたが、

「淡路の島菜園」を訪れたとき、想像していた農業・会社とは違った感覚を得たのを覚えています。
それは、ベンチャー・スタートアップにあるような何かを起こそうという強い意志、暑苦しい想い。。

大変なことも多いけれど、得られるものもたくさんありそう!と感じて、やってきました。

​いま感じていること

「淡路の島菜園」では、それぞれが自分よりも少し大きな裁量と責任を持って、仕事を進めています。

それ故に、​1つ2つ高い視座から自分を見て、行動ができるようにならないといけません。

いろんな課題を、お客様の位置から、経営者の位置から、仲間の位置から、

多角的に捉えられるように努めています。

農業生産だけに留まらず、自ら作り出す強みを活かした、さまざまな展開を進める中で

濃密な時間を過ごしているんだな、と感じています。

これからのワタシ

考えて、実践して、検証して、また考える。

栽培も、お客様に接する部分も、そこは一緒です。
まだまだ洗練していく余地のある会社だと思いますので、やれることは山ほどあります。

その山のような課題へのチャレンジと、「淡路の島菜園」が起こす淡路島をもっと盛り上げる展開の中で

自分自身を磨いていきたいと思います。

greenarium_recruit_06.jpg

​エンターテインメント部

カフェ店長

YUI.T

(20代)

 

​入社までのワタシ

学生時代に、「淡路の島菜園」でアルバイトをする機会があり、

当時から社員さん・パートさんの雰囲気が明るくて、みんなが目標を持って頑張っている姿が

​自分にも合っていそうだなぁと思っていました。

​「淡路の島菜園」に来るきっかけ

子供の頃から”とまと”が好きで、

飲食店のお仕事をしてみたかったところに、

ちょうど​卒業のタイミングで、ご近所だった社長の大森さんが声をかけてくださって、

「グリナリウム淡路島」の立ち上げに携わらせてもらうことになりました。

​いま感じていること

入社してしばらくは、正直忙しくて、周りを見る余裕はありませんでした。

​決まったルーティンワークを進めるだけでは収まらないので、

自分で新しいことを考えなきゃいけない。

苦しいところでもあり、楽しいところでもあります!

もしかしたら、そのあたりが他の会社と違うところなのかもしれませんね。
 

いまは、自分で考えて実行して、

お客様が笑顔になったり、喜んでくれたり、驚いてくれることに、

やりがいを感じます。

「今度、淡路島に来たら、絶対寄りますね!」と、言っていただいたときは、

​とても嬉しくて、頑張って良かったな!と。

これからのワタシ

淡路島に来たときに、行きたい!と思ってもらえるお店にしたいです!
そして、一緒に働いてくれる人のためにも、ちゃんと利益を出していけるお店にしていきたいです。

​将来は、自分で夢が語れる人になりたい、と思っています。