​想像以上の

自由と責任があります。

私たちと一緒に、挑戦しませんか?

​応募方法​

下記の応募先メールアドレスに

​必要事項を記載のうえ、

ご連絡ください!

【 ​必要事項 】

名前

​性別

​年齢

​住所

​電話番号

​希望の職種

​【 応募先メールアドレス 】

awajinosimasaien@iris.eonet.ne.jp​

​選考の流れ

​応募メール

​弊社よりご連絡

​履歴書送付

​面談​

​インターン、短期体験

​採用決定

募集内容

​募集対象

​年齢、性別、国籍、学歴、経験などは、問いません!

​どなたでも応募可能です!

​勤務地

​兵庫県 淡路市

栽培部>スタッフ

・いちご、とまと、メロンの生産業務(収穫、誘引など)

・生産管理(環境制御、肥料・水分コントロールなど)

・病害虫管理

・作業管理(作業指示、進捗管理、労務管理など)

・出荷管理(収量予測、出荷量調整、営業など)

エンターテインメント部>店舗責任者

・店舗責任者

・人員、シフトの管理

・在庫、資産の管理

・接客業務

・調理業務

エンターテインメント部>スタッフ

・人員、シフト管理

・接客業務

・調理業務

淡路の島菜園で、はたらく人

​栽培部

​部長

​エンターテインメント部

​部長

​エンターテインメント部

​カフェ店長

​栽培部

​部長

MAMORU.J​

​(30代)

 

​入社までのワタシ

実家がスギ・ヒノキの苗を中心にした種苗会社をしていましたが、

父は今後厳しくなると判断して転職をしました。それが小学6年生のとき。

そういう経緯もあって、農業=儲からない・肉体労働というイメージをもっていました。
では、「儲かる農業」とはどんな形か?

「儲かる農業の仕組みを作りたい」と、大学卒業後に大手人材派遣会社へ入社しました。

そこでは、淡路島で廃校になった小学校をリノベーションする事業の立ち上げに携わらせてもらいました。

​淡路の島菜園に来るきっかけ

大手人材派遣会社で働かせてもらっていたときは、

企業の農業参入や農業ビジネスをしている人と、多く関わらさせていただきました。

その中で、企業全体では儲かっているが、農業部門では正直儲かっていない、という話を聞くことが多く、

企業が農業界に参入する形に疑問を抱きました。
農業は、生産を主として農家が法人化し、大きくなっていく形が良いのではないかと思い始めたとき、

偶然知り合ったのが、社長の大森さんでした。
こんなに先を見据えてて、ワクワクさせる農家に会ったことはない!と衝撃を受けました。

​いま感じていること

高校・大学・社会人では、結果より過程を重視してきました。
「淡路の島菜園」に入社してから、その考えが、とことん覆されました。
結果にこだわって、いかにその結果に最短で到達するか。

これには、本当に苦労します。そして、本当に面白いところでもあります!

中小企業だからこそ、社員1人・パートさん1人の会社への影響力は大きい。

みんなでパフォーマンスを最大限に発揮してチャレンジする。

だからこそ、やりがいはここまでか!ってくらいある。
とにかく毎日が楽しいです!

これからのワタシ

美味しい「いちご」や「とまと」、「メロン」を作りたい。

美味しい果実をたくさん作りたい!
それをモットーに、どうしたら美味しい果実ができる環境を作っていけるか。

これまで職人的に栽培されてきた農業も、

今後は環境をセンシング・コントロールしながら、

植物の生育をコツコツと分析していくしかないと考えています。

この考え方は、どんな野菜・果樹でも必要なことだと思います。

これから、いろんな品目にも挑戦していきます!

その野菜が果物が、少しでも美味しいと思ってもらえるように日々奮闘していきます。
 

もうすぐ家族が1人増えるので、夫として父として家族との時間もちゃんと大切にして、

誇りに思ってもらえる仕事を目指していきます。

​エンターテインメント部

​部長

ISAMU.O

(40代)

 

​入社までのワタシ

ある時は配送ドライバーとしてハンドルを握り、

ある時はパソコンに向かってプログラミング言語を操る日々を、過ごしていました。
どちらもお客様に喜んでもらえたときの充実感は忘れられません。

アプローチはいろいろあるけれど、結局のところ喜んでもらえるモノを

精一杯尽くしてお届けすることが好きなんでしょうね。

限りある人生、さぁ次に賭けるのは何か?と自問する中で、

「淡路の島菜園」に興味を持ちました。

​「淡路の島菜園」に来るきっかけ

当時、いくつかの農家さんで見学や体験をさせてもらいましたが、

「淡路の島菜園」を訪れたとき、想像していた農業・会社とは違った感覚を得たのを覚えています。
それは、ベンチャー・スタートアップにあるような何かを起こそうという強い意志、暑苦しい想い。。

大変なことも多いけれど、得られるものもたくさんありそう!と感じて、やってきました。

​いま感じていること

「淡路の島菜園」では、それぞれが自分よりも少し大きな裁量と責任を持って、仕事を進めています。

それ故に、​1つ2つ高い視座から自分を見て、行動ができるようにならないといけません。

いろんな課題を、お客様の位置から、経営者の位置から、仲間の位置から、

多角的に捉えられるように努めています。

農業生産だけに留まらず、自ら作り出す強みを活かした、さまざまな展開を進める中で

濃密な時間を過ごしているんだな、と感じています。

これからのワタシ

考えて、実践して、検証して、また考える。

栽培も、お客様に接する部分も、そこは一緒です。
まだまだ洗練していく余地のある会社だと思いますので、やれることは山ほどあります。

その山のような課題へのチャレンジと、「淡路の島菜園」が起こす淡路島をもっと盛り上げる展開の中で

自分自身を磨いていきたいと思います。

​エンターテインメント部

カフェ店長

YUI.T

(20代)

 

​入社までのワタシ

学生時代に、「淡路の島菜園」でアルバイトをする機会があり、

当時から社員さん・パートさんの雰囲気が明るくて、みんなが目標を持って頑張っている姿が

​自分にも合っていそうだなぁと思っていました。

​「淡路の島菜園」に来るきっかけ

子供の頃から”とまと”が好きで、

飲食店のお仕事をしてみたかったところに、

ちょうど​卒業のタイミングで、ご近所だった社長の大森さんが声をかけてくださって、

「グリナリウム淡路島」の立ち上げに携わらせてもらうことになりました。

​いま感じていること

入社してしばらくは、正直忙しくて、周りを見る余裕はありませんでした。

​決まったルーティンワークを進めるだけでは収まらないので、

自分で新しいことを考えなきゃいけない。

苦しいところでもあり、楽しいところでもあります!

もしかしたら、そのあたりが他の会社と違うところなのかもしれませんね。
 

いまは、自分で考えて実行して、

お客様が笑顔になったり、喜んでくれたり、驚いてくれることに、

やりがいを感じます。

「今度、淡路島に来たら、絶対寄りますね!」と、言っていただいたときは、

​とても嬉しくて、頑張って良かったな!と。

これからのワタシ

淡路島に来たときに、行きたい!と思ってもらえるお店にしたいです!
そして、一緒に働いてくれる人のためにも、ちゃんと利益を出していけるお店にしていきたいです。

​将来は、自分で夢が語れる人になりたい、と思っています。

Ⓒ GREENARIUM

presented by 淡路の島菜園